スポンサードリンク

2007年05月03日

■ダイエットに成功して「モムチャン」になったスターたち

代表的な「モムチャン」タレントとして注目を浴びているオク・ジュヒョンは高校生のときは体重が75キあったそうです。

これは、知る人ぞ知る事実ですね。



映画『美女はつらいの』で超重量級の女性ハンナが「モムチャン(理想の体型)」美女に生まれ変わったように、スターたちも「ぜい肉との戦い」に打ち勝って、今の理想のボディーを手に入れた!

こんな情報を耳にしました。



いくら頑張っても体型が変わらない人にも、夢と希望を与えるスターたちを紹介しましょう。

何といっても、そういう情報は励みになりますからね。



歌の実力だけで女性アイドルグループFin.K.Lのメンバーになったオク・ジュヒョンは、考えられる限りたくさんのダイエットを試みた結局ヨガに行き着いたそうです。

20キロ以上のダイエットに成功して生まれ変わっただけじゃなくて、人気が出て、収入もアップしたのだから、彼女とってヨガは一生の恩人というわけですね。



新世代スターのイ・ヨンアが31キロのダイエットに成功したのも有名な話です。

キュートな顔立ちで人気のイ・ヨンアは、高校のときに涙ぐましいダイエットで31キロの減量を果たしました。

その頃、インターネットでは「イ・ヨンアのダイエットメニュー」が飛び交っていたそうです。

イ・ヨンアはリバウンドを防ぐため肉と炭水化物の摂取を控える食事で現在の体型をキープしているんだそうです。

彼は他の人たちとお酒を飲んだり肉を食べたりする場でも誘惑に負けないでグレープ・ジュースを飲み続け、周囲の人々を感心させているそうですよ。



華奢な体で清純なイメージのパク・ソルミも、高校時代には70キロを超えていたんです。

その頃は、ウエスト32インチ(約81センチ)だったというパク・ソルミですが、ハードなダイエットで20キロ以上も減量したそうです。

今も太らないよう食事に気を配っていて、「普段の食習慣が大切」と強調しています。



魅惑のボディー・ラインで人気急上昇中の新人タレントのキム・ウンジュの場合も、中学時代体重が75キロ以上あったことを告白しています。

高校のときにダイエットに励んだ結果、今の体型を維持できるようになったそうです。

食べるとすぐに太る体質なので、秘訣は食べ物に手を付けないこと!

もっともな意見ですね。



今や「ナイス・バディー」の代名詞となったキム・アジュンやイ・スンヨンも、学生時代は太っていて悩んだというんです。

歌手で、最近は女優としても活動しているシンジも、リバウンドが激しいことでネチズンの間で話題になったスターの1人です。



ドラマ『朱蒙』で国民的俳優となったソン・イルグクは、10年前まで体重が100キロ前後という巨体でした。

ソン・イルグクはマウンテンバイクをはじめさまざまなスポーツをやるんですが、肉を一切口にしない菜食メニューで現在の体型をキープしています。



「人気演歌歌手テ・ジナの息子」から、現在では「人気シンガー」と呼ばれるようになったERU。

彼の場合は114キロあった体重を歌手デビュー前に45キロ減らし、「肥満予防PR大使」としても活躍しています。



努力の成果がうかがえます。


みんな、見えないところで、人知れず地味な努力をしているんですね。
美しくあるのは、実に大変です!


参考サイト:朝鮮日報・エンタメコリア





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。