スポンサードリンク

2007年08月05日

■好きなように食べて痩せる?!「ゾーンダイエット」ってなんだ?

最近ゾーンダイエットなるものがはやっているらしいです。

何でも、運動法やアイテム、何を食べてダイエットするかがコロコロ変わるダイエットなんだとか。

例えばロデオボーイにまたがってみたりとか・・・。


ゾーンダイエットというのは、アメリカの生物学者の
バリー・シアーズさんが考案したそうです。

低インシュリンダイエットというのの一つなんだそうです。

肥満の原因は炭水化物、つまり糖質のとりすぎとするところは
低インシュリンダイエットと同じなんですが、
栄養のバランスを考えて上手に糖質もとっていく、これがゾーンダイエットの考え方なんです。
糖質をとるのを否定するんじゃないってことですね。


やり方はすごく簡単。

糖質・たんぱく質・脂質の食事における割合を4:3:3にするだけ。

この比率を守れば、何を食べてもいいんです。

ね、簡単でしょ。

え?これだけで大丈夫?と思ってしまいますが、

たくさん食べなくても空腹感がなくなったり、
集中力が持続するようになったり、
運動した時の筋肉疲労が減ったり、
病気の抵抗力も高まるんだそうです。
体脂肪も燃焼しやすくなるんですよ。


う〜ん。すごい!

だけど・・・これって?意味がよくわからなくない?


え〜と、「ゾーン」の意味するところは、
“血糖値を一定のレベル内に安定させる範囲(=ゾーン)”のことなのだとか。

血糖値が安定ゾーンにおさまる。先ほどの黄金比で食事をすることによって。
で、余分な脂肪が徐々に落ちていくというわけです。

栄養バランスのよい食事をすることによって、リバウンドも防げるんですよ。

つまり、カロリーを控えることで筋肉量も落ち、基礎代謝がさがり、結局やせられなくなるという従来のダイエットの欠点がなくなるんですね。

食事の栄養バランスを考えることで、余分な体脂肪だけをおとすことができるんです。

まったく合理的なやり方っていえますね。


参考サイト:Livedoor'NEWS〔ダイエット通信〕






2007年08月01日

■実は知られていない、コーヒーと排便の関係〜ダイエット

便秘ダイエットって、一見関係なさそうよね。だけど、実は関係大ありなんですよ。



便秘気味になってしまったけれど、便秘薬には頼りたくない。

そんな時、あなたは何にすがろうと考えますか? 

プルーン、バナナ、ゴボウ、サツマイモ……。

「便秘に効く!」と言われる食べ物は多いけれど、ある身近な飲み物で排便を促すという人が、実は多いんです。

その飲み物とは、コーヒーなんです。

排便を意識してコーヒーを飲んでいなくても、考えてみれば、コーヒーを飲んだ日の朝はお通じがあるな、なんて思い当たる人もかなりいるはず!



コーヒーを飲んで過ごす日と飲まない日とでは排便回数が違っているという調査結果もあるんです。

特に1日2杯以上飲むと、排便が改善されるという研究結果も出ています。

コーヒーを飲む習慣が腸の働きを活発にし、便秘解消への手助けになりうるんですね。



それでは、コーヒーの何が効くのか?

コーヒーの主成分「カフェイン」には、もともと覚醒感を生む働きがあります。よく知られていることですよね。

これは、疲労感をもたらす物質「アデノシン」が脳に取り付くのを、カフェインが妨害してくれて、その結果脳が覚醒状態になるんです。

カフェインには、同時に利尿作用や排便を促進する作用もあり、これにもアデノシンがからんでいます。

膀胱壁の収縮や内尿道口の開閉にも関係する膀胱括約筋(かつやくきん)に取り付いて、その作用を抑制しているアデノシンの働きを、カフェインが妨害してくれるんですね。



そんなコーヒーの特性を生かし、飲むだけで腸内洗浄ができるアイテムが、今、女性はもちろん男性にもひそかに人気のようです。

そのままストレートでも、好みによってミルクやシロップ、豆乳やハチミツを加えてもOK。

ホットでもアイスでも、その効果は変わりません。



オーガニックコーヒー豆100%から作られるドリンクで、純粋に飲み物としても楽しめる深い味わいの、健康コーヒーです。

この無農薬オーガニックコーヒーの成分は、ビタミン、アミノ酸、フラボノイド、そして多くのミネラルを含んだ天然成分「EM-X」や、乳酸菌を増やす働きのある「乳酸菌生成エキス」、善玉菌の代表格「オリゴ糖」など、すべて天然成分で、そのどれもがお腹にやさしく、腸内環境を整えてくれるようなものなんです。

市販のコーヒーでは、カフェインが強すぎて胃腸を荒らしてしまう人もいますが、これならばそんな心配もいらないというわけです。

興味を持たれた方は、まずはあまりお金をかけずに、オーガニックのコーヒーで試してみるといいかもしれませんね。

それでお通じがあればラッキーだし、それでもダメな頑固モノにこそ、次の一手を打ちたいですね。

参考サイト:Livedoor'NEWS〔ダイエット通信〕





2007年05月06日

■納豆ダイエットの伝導者たち

納豆ダイエットって、聞いたことあるでしょうか?

納豆ダイエットは効果があるという情報を耳にした人のうちの40%が、

その情報を人に伝えているんだそうです。

実際に会って話をして伝えたり、メールやブログに書いたりというように。

口コミ情報の効果ってすごいですからね。

男性・女性では、どちらかといえば、女性の方がこの情報の発信に熱心のようですが、男性からの情報発信も結構あるようです。

特に30代の男性はメタ簿リック症候群が不安ということもあって、
熱心のようです。

食生活や運動に注意をはらってダイエット効果を得たいという意識が高いんですね。

その点は、30代の女性も同じ傾向があるようです。

主に美容のためという20代から、生活習慣病が心配という30代、
さらに家族の健康も気になるという50代の人まで、
このダイエット情報を積極的に発信しているようです。


単に納豆が「おいしい」っていうだけでは、ここまでの評判はつくれなかったはずですよね。

やはり生活習慣病などを気にしている人が増えていて、

さらに、健康について信頼できる情報が少ないと状況があり、

そこへ納豆にダイエット効果があるという情報をキャッチしたことで

これらの人々の潜在的なニーズとマッチして、

納豆の価値を高め情報の伝達者を形成したといえるのでしょう。


参考サイト:J-marking.net






2007年05月03日

■ダイエットに成功して「モムチャン」になったスターたち

代表的な「モムチャン」タレントとして注目を浴びているオク・ジュヒョンは高校生のときは体重が75キあったそうです。

これは、知る人ぞ知る事実ですね。



映画『美女はつらいの』で超重量級の女性ハンナが「モムチャン(理想の体型)」美女に生まれ変わったように、スターたちも「ぜい肉との戦い」に打ち勝って、今の理想のボディーを手に入れた!

こんな情報を耳にしました。



いくら頑張っても体型が変わらない人にも、夢と希望を与えるスターたちを紹介しましょう。

何といっても、そういう情報は励みになりますからね。



歌の実力だけで女性アイドルグループFin.K.Lのメンバーになったオク・ジュヒョンは、考えられる限りたくさんのダイエットを試みた結局ヨガに行き着いたそうです。

20キロ以上のダイエットに成功して生まれ変わっただけじゃなくて、人気が出て、収入もアップしたのだから、彼女とってヨガは一生の恩人というわけですね。



新世代スターのイ・ヨンアが31キロのダイエットに成功したのも有名な話です。

キュートな顔立ちで人気のイ・ヨンアは、高校のときに涙ぐましいダイエットで31キロの減量を果たしました。

その頃、インターネットでは「イ・ヨンアのダイエットメニュー」が飛び交っていたそうです。

イ・ヨンアはリバウンドを防ぐため肉と炭水化物の摂取を控える食事で現在の体型をキープしているんだそうです。

彼は他の人たちとお酒を飲んだり肉を食べたりする場でも誘惑に負けないでグレープ・ジュースを飲み続け、周囲の人々を感心させているそうですよ。



華奢な体で清純なイメージのパク・ソルミも、高校時代には70キロを超えていたんです。

その頃は、ウエスト32インチ(約81センチ)だったというパク・ソルミですが、ハードなダイエットで20キロ以上も減量したそうです。

今も太らないよう食事に気を配っていて、「普段の食習慣が大切」と強調しています。



魅惑のボディー・ラインで人気急上昇中の新人タレントのキム・ウンジュの場合も、中学時代体重が75キロ以上あったことを告白しています。

高校のときにダイエットに励んだ結果、今の体型を維持できるようになったそうです。

食べるとすぐに太る体質なので、秘訣は食べ物に手を付けないこと!

もっともな意見ですね。



今や「ナイス・バディー」の代名詞となったキム・アジュンやイ・スンヨンも、学生時代は太っていて悩んだというんです。

歌手で、最近は女優としても活動しているシンジも、リバウンドが激しいことでネチズンの間で話題になったスターの1人です。



ドラマ『朱蒙』で国民的俳優となったソン・イルグクは、10年前まで体重が100キロ前後という巨体でした。

ソン・イルグクはマウンテンバイクをはじめさまざまなスポーツをやるんですが、肉を一切口にしない菜食メニューで現在の体型をキープしています。



「人気演歌歌手テ・ジナの息子」から、現在では「人気シンガー」と呼ばれるようになったERU。

彼の場合は114キロあった体重を歌手デビュー前に45キロ減らし、「肥満予防PR大使」としても活躍しています。



努力の成果がうかがえます。


みんな、見えないところで、人知れず地味な努力をしているんですね。
美しくあるのは、実に大変です!


参考サイト:朝鮮日報・エンタメコリア





2007年04月21日

■モデルの常識?!水は1日2リットル?〜ダイエット

おいしいの人気が増しています。



「硬水は痩せる」「炭酸水がおいしい」「○○の天然水がおいしい」

「○○の温泉水のお取り寄せ」など、水人気は近頃増すばかりです。

更に美容対策としても、水分補給を心がけている人は多いと思います。

「一日に2リットルの水分を!」とも言われていますね。

例えば「朝起き抜けに一杯の水」、

これは起きたばかりの腸を刺激するので、便秘解消にも有効なのだそうです。


 
では、水分の適正量はどうやって計算すればいいのでしょうか?

体重が違っても、水の適量は同じでいいのだろうか? 

調査によれば、体の大きさによって必要な水分量は変わってくるそうです。



水を適量摂ることで何がいいのかご存知でしょうか?

人間の体重の約60%は水分。

水分が不足すると脂肪分解が遅くなり、便秘がちになるなどダイエットへの悪影響がいっぱいあるんです。

それに、人間の身体は腎臓で水分中の老廃物を濾過し、尿として排出していますが、水分不足だと体内の老廃物が通常より濃縮されてしまいやすい。

結果、痩せにくくなるといえます。水ぶくれというわけですね。



水分を摂らないのはダイエットに悪影響なだけでなく、健康にも害があるということになります。



また、よく「痩せるには硬水」といいますが、硬水、軟水とは、何なのでしょう? 

硬水には、ミネラルも多く、便秘改善効果もあると言われています。

ただ、人によっては、硬水は飲みにくいようです。

痩せるには硬水とこだわるのではなく、自分の飲みやすいものでしっかり水分補給するのがよいですね。

有効なダイエットを心がけるなら、まずは、自分の体重から必要な水分量を算出することから始めてみましょう。

参考サイト:Livedoor'NEWS〔ダイエット通信〕






2007年04月20日

■グラビアアイドルの苦悩〜ダイエット

タレントさんの常識には、普通の人にはちょっと考えられないようなものもあるようです。



太ることを気にするあまり、下痢していないと不安になってしまう人もいる・・・。

そのひとりがタレントのYさんです。



何といってもボディラインの維持が必要不可欠なのが、グラビアアイドル

そのプレッシャーは大きいようで、以前放送された某番組の中では、「私は、腐っているものでも、食べます!」と発言していました。



下痢をすると、栄養分が吸収されないイメージがあるため、ダイエットをする人の中には意図的に下剤を服用して痩せようとする人がいるとの情報もあります。

ダイエッターが下痢したがる主な理由について「栄養分が吸収されないイメージ」というのがあるわけですね。

痩せたい一心で、市販の強力な下剤を一気飲み。

夜も眠れぬ腹痛に苦しみ、最終的には腸壁がただれてしまったというような、何とも言えない結果に苦しむ人もいるようです。



それでは、意図的な下痢は、果たしてどのような効果を起こすのでしょうか? 

本当にダイエットに効果があるんでしょうか?

栄養は、小腸で吸収され、大腸で水分が吸収されて、最終的に便として排出されます。

実は、下剤は大腸での水分の吸収を阻害するので、意図的に下剤を大量に飲んで、下痢をしたところで、栄養吸収が阻害される訳ではないのです。

結局、苦しい思いをするだけでダイエッターが期待するような効果はないということなんですね。



下痢をしてでも痩せたい。

自然に下痢しないのならば、下剤で…。

そこまでして痩せたい気持ちも分からないではないですが、不健康な方法では、真の美しさを作り出すことは、やはり出来ないのではないでしょうか?

参考サイト:Livedoor'NEWS〔ダイエット通信〕





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。